ここからメニュー
ここから本文

シンポジウム開催案内

ADシンポジウム2018
誰もが暮らしやすい社会を目指して
〜高齢者、障害のある人に関する国際、国内の動向について〜

 異なる業界団体が集まり、アクセシブルデザイン(AD)・福祉用具等の調査、開発、標準化、普及、国際化等の事業について情報共有を行っているアクセシブルデザイン推進協議会では、毎年社会情勢に合わせテーマを決め、シンポジウムを行っています。
 今年度は、ADや福祉用具に関連する研究機関の成果をはじめ、当事者やサービスの視点から、障害者差別解消法への連動について考えるシンポジウムを開催いたします。
 多くの方にご出席を頂きたいと考えておりますので、万障お繰り合わせの上、ご臨席頂ければ幸いです。
 お申込みは、以下「申込書」にてFAXまたはメールにてお送りいただけますようお願い申し上げます。

日時:
平成30年1月30日(火)14:00~17:00(受付:13:30〜)
場所:
YMCAアジア青少年センター(在日本韓国YMCA) 地下1階 スペースY文化センター(ホール)
東京都千代田区猿楽町2−5−5
http://www.ymcajapan.org/ayc/hotel/jp/access-access.html

プログラム(PDF版

【開会・本日の趣旨説明】14:00〜14:05
(司会・進行 アクセシブルデザイン推進協議会(ADC)事務局

【基調講演】14:05〜14:45
「障害者基本計画(第4次)並びに海外における障害政策等の取り組み」
石川准氏:静岡県立大学教授、国連障害者権利委員会委員、内閣府障害者政策委員会委員長

【講演1】14:50〜15:30
「希少難病とアクセシブルデザイン」
宮本恵子氏:NPO法人表皮水疱症友の会DebRA Japan 代表理事

【休憩】15:30〜15:45

【講演2】15:45〜16:25
「国際における高齢社会への取り組みの進捗等」
山田肇氏:東洋大学名誉教授、特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム理事長

 【AD最新報告】16:25〜16:50
最新のアクセシブルデザイン情報報告
アクセシブルデザイン推進協議会事務局

【まとめ・閉会】16:50〜17:00

*講演のタイトルは、当日変更になることがあります。予めご了承ください。
※当日の情報保障として手話通訳を予定しております。

日 時:

平成30年1月30日(火)14:00〜17:00(受付13:30〜)

場 所:YMCAアジア青少年センター(在日本韓国YMCA)
地下1階 スペースY文化センター(ホール)
東京都千代田区猿楽町2−5−5
定 員:150名
(1月19日(金)まで受け付けております。その後、席の状況によってご案内できる可能性がございますので、お手数ですが以下の問い合わせ先までご連絡下さい。)
参加費:1,000円
(当日受付にてお支払いください。領収証は当日お渡しします。)
主 催:アクセシブルデザイン推進協議会
一般財団法人 家電製品協会
公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団
公益財団法人 テクノエイド協会
一般社団法人 日本ガス石油機器工業会
一般財団法人 日本規格協会
公益社団法人 日本包装技術協会
公益財団法人 共用品推進機構

お申込み先 及び お問合せ先

申込方法

アクセシブルデザイン推進協議会
事務局(共用品推進機構内)星川(ほしかわ)・森川(もりかわ)

〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-4
Tel:03-5280-0020
Fax:03-5280-2373
メール:jimukyoku@kyoyohin.org

申込書

ADシンポジウム 事務局

郵送又はメール、FAXでお申込みください。
(お申し込みの際は、上記のお申し込み方法が重ならないようご確認下さい。)
※当日は、事前に申込まれた方から優先的に入場できます。

氏 名 
連絡先所属(会社名又は団体名):
 
TEL:
FAX:
E-mail:
備考
車いす使用、手話、要約筆記、その他特記事項など必要なものに〇をお願いします。その他ご希望がある場合はご記載ください。
 

ここまで本文